子供の為に覚えておきたい教育ローンと奨学金のサイト

賢く二つを使い分けよう

利子の低い奨学金を主に使おう

先に奨学金を借りる際の注意事項としてあげた初年度の学費の用意。
これを自分で支払うのではなく、教育ローンを借りて払う手もあります。

奨学金と比べてどうしても利子が高いのが教育ローン。
これで学費を全て払うとなると大変損をしてしまいます。

ですので教育ローンを一年分だけ借り、本来そこに宛がわれるはずだった奨学金を返済に回してしまえば大丈夫です。
利息分の支払いはありますが、まとまったお金を最初に出すことが困難な場合はこれが最もいい方法です。

教育ローンは一年分の借り入れができ、尚且つ早めに申し込んでまとめてお金をもらうことができますから、初年度の振り込みに最適です。
必要な金額を計算し、最低限の金額でローンを組みましょう。

奨学金を返済させるために

子供の将来の為にと教育ローンで多額のお金を借りることは現実的ではありません。
もちろん子供に苦労をさせたくない気持ちも分かりますが、親の生活を圧迫させているを見た子供はいたたまれなく思うでしょう。

奨学金を借りていい大学に入ったとしても、就職活動に懸念があるのが現代日本です。
今では就職氷河期とも呼ばれ、高学歴でも引きこもりになってしまうお子さんもいらっしゃいます。

それでも奨学金の返済は行っていかなくてはいけません。
ですから親からの支援は勿論必要となります。

年々学費は膨れ上がり、多額の返済金額と長い返済期間で子供も生半可な気持ちで借りられるものではなくなりました。
奨学金を返済できない人はこの状況を国に訴えるなどでなんとか生きていこうとしています。

もちろん親からしてみれば、こんなことにはならないよう子供には幸せな人生を歩んでほしいものです。
子供との話し合いの時間はしっかり設けてください。