子供の為に覚えておきたい教育ローンと奨学金のサイト

将来子供や自分が困らない為に抑えておくべきポイント

貸与型にも二種類存在する

一般的な奨学金には、第一種奨学金と第二種奨学金があります。

第一種は無利息の貸与で、借りた分だけを返せばいいというものです。
第二種は利息ありの貸与で、借りた分にプラスで利息もあります。

第一種は低所得者向けとなり、大学と下宿の有無によって借りられる金額が変わってきます。
しかし第二種奨学金になりますと、国立や私立などに関わらず自分で好きな額を選ぶことができます。

また、第一種は成績の基準をクリアすることが必須となりますが、第二種はそれに限りません。
成績の基準のほかに、大学を卒業できること、何か優れた才能が見受けられること。
これらのどれか一つをクリアすることで借りることができます。

申し込み先や貸与開始の時期、利子分を除く返済の違いはありません。
自分の家だとどちらが受けられるのかを考え、もし勉強の苦手なお子様でしたら成績の平均が3.5を超えられるようにしましょう。

奨学金を借りる時に意識すべき事

所得が足りない方からすれば、大変魅力的ですしとても借りやすいですよね。

しかし、奨学金は申し込める時期と貸与の時期が決まっています。
つまり、初年度の学費は自分で用意しておかなくてはいけません。

もちろん後から初年度のお金も払われますが、最初の入学金を払う時にお金がなくては困ってしまいます。
ですので、最初に必要な費用だけは自分で用意しておかなくてはいけません。
いくらお金が返ってくるとはいえ、一度は支払わなくてはいけませんので注意が必要です。

そして最近話題に上がることが多いのが、奨学金を返済できない人々です。
大学にあがるとなったときに必要とされる学費が多くなればなるほど借りる額も多くなるわけですから、利子も月々の返済も多くなります。

これらの問題があることを考慮し、慎重な未来設計をすることが将来の為になると思われます。